世界で一番かっこいい人

-----sponsored link-----

『世界で一番かっこいい人』

世界で一番かっこいい人がいました。
すらっと伸びた手足、整った顔、どこから見てもかっこいいのです。

彼の容姿に惹かれ、みんな彼に近付いていきました。

彼は思いました。

「俺はかっこいいから、みんな近寄ってくる。」

「俺は選ばれた人間だ。人気者だから何しても許されるだろう。」

それから彼は人を見た目で判断し、自分より劣っていると思った人を片っ端から見下しては、罵倒するようになりました。

彼に腹を立てた人がだんだん増えていき、彼から離れていきました。

彼は独りぼっちになりました。

寂しくなった彼は、みんなのいるところに行こうと思いました。

すると、彼に気付いたみんなは、彼に言いました。

「こっちに来ないで。あんたなんか大嫌い。」

彼は言いました。

「なんでみんな離れていくんだよ。」

女の子が言いました。

「自分が今までみんなにしてきたことを考えてみなさい。」

そうなのです。
みんなの態度は、少し前の彼の態度そのものでした。

それからというもの、彼は来る日も来る日も独りぼっちでした。

とうとう彼は泣きました。

「俺が悪かった。許してくれ。」

しかし、その声が届くことはありませんでした。

そんなある日のこと、1人の男の子が大きな木の前で泣いていました。

「どうしたの?」

彼は男の子に聞きました。

「風船が・・・」

男の子は大きな木に指差して言いました。
風船が木に引っかかっていたのです。

「お兄ちゃんが取ってあげるね。」

彼はそういうと、今までしたこともない木登りをし始めました。

登るにつれて、服は汚れ、手足も汚れ、木のとげで手から血が出てきました。
風船に辿り着いた時には、全身ボロボロでした。

今にも飛んでいきそうな風船。

彼は一生懸命手を伸ばし、なんとか風船をつかみました。

その瞬間・・・

どーーーーーーん。

彼は地面に真っ逆さまに落ちてしまいました。
落ちた拍子に、顔に傷をおってしまいました。
前のかっこいい彼が、そこにはいませんでした。

「俺・・・かっこわるいな・・・」

彼がそう言うと、男の子が言いました。

「お兄ちゃん、ありがとう。お兄ちゃんは『世界で一番かっこいい』よ。」

「お兄ちゃんが・・・世界で一番かっこいい?」

彼は目を丸くしました。

「うん。お兄ちゃんは僕にとって、一番かっこいい。お兄ちゃんは、僕の為に一生懸命になってくれた。かっこよかった。僕もお兄ちゃんみたいにかっこよくなりたい。」

それを聞いた彼の目からは、ぽろぽろと涙がこぼれていました。

それから彼は、男の子と遊ぶようになりました。
すると、日に日に男の子の友達が彼に近付くようになりました。
男の子はみんなに言いました。

「お兄ちゃんは、人の為に一生懸命になれる、僕にとって『世界で一番かっこいい人』だよ。」

彼は嬉しくて泣きました。

もう以前の彼は、そこにはいません。

初めて、誰かの為に何かしたいと思えたこと。

初めて、誰かの為に何か喜ぶことができたこと。

それが、どんなに嬉しくて尊いものかを知ったのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

TOP